潜在意識と顕在意識??

潜在意識ってなあに??

さて、潜在意識という言葉はよく聞くものの、「じゃあ、それっていったいなんなの?」と聞かれてしまうと、結構困ってしまう人が多いのではないでしょうか?

潜在意識ってそもそもなんなんでしょうか?

まずは、そこから説明をしていきます。

「潜在意識」という言葉には意識という言葉がついているので、意識の一種ということはすぐに理解ができると思います。

意識には、私たちが意識している部分と意識していない部分があります。

意識できる部分を顕在意識といい、意識していない(または意識できない)部分を潜在意識(無意識)と呼んでいます。

わかりやすく具体的な事例でいうと、 ダイエット中につい暴食して失敗して、 「しまったなぁ、なんて言い訳しようかな~」と必死で考えているのは顕在意識。

人に突然呼び出され、いきなり 「こらぁ~!いったいこれはどういうことなんだ?」 とどなられた瞬間に、 「あ、それは主人がそうしろと言ったので・・・」 と瞬間的に思ってもみない言い訳の言葉を創作したのが潜在意識 。

コントロールできているのが顕在意識。

突発的なものなどコントロールできないのが潜在意識。

簡単に言うと、私たちの意識は2重構造になっているということです。

どうですか?

では、この潜在意識の重要性にいち早く着目したのはだれでしょうか?

それはあの有名な心理学者である、「ジクムント・フロイト」です。

心理学のことなんかさっぱりわからない人でも、フロイトの名前くらいは聞いたことがあるでしょう?

さて、その後の研究において、潜在意識は、私たちの普段の行動、思考、意思決定に大きく関与していることがわかってきました。

この研究結果からも、潜在意識に悪い情報が詰まっていると、当然、自分の人生にも大きな悪影響を与えることが理解できますね。

潜在意識はさらに分解できる

さて、潜在意識は、さらに分解できるとしたのが、フロイトに並んで有名なスイスの心理学者であるカール・グスタフ・ユングさんです。

ユングは人間の意識を氷山に例え説明しました。

その説明とは次のようなものです。

普段、私たちが意識している顕在意識は、氷山にたとえれば、海の上に顔を出している部分にしかすぎない。つまり、顕在意識が意識という大きなパイの中に占める割合はほんの一部分にしかすぎない。

そして海中に沈んでいる部分、つまり意識の大部分が無意識によって構成されていると言いました。

さらに、この無意識の部分は、生まれてから現在に至るまでの個人的な経験から構成された個人的無意識と、そのさらに奥深くに広がる集合的無意識とから構成されているとしました。

集合的無意識とは、個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域のことを言います。

願望を実現化するためには、この集合的無意識領域の活用が大きな鍵となっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP