体質の質を変えるってどういうこと??

幸せも、健康も腸から始める。たった1分でわかる腸年齢チェックテスト
http://app.speedappmaker.com/naizoubi

****************************

F-wings     玉腰  裕美さん

good for everyone
家庭も仕事もプライベートもまるっと幸せ
家庭 経済 健康 全てに自由を
リバウンドしない一生ものの自分を手に入れる!!

美禅筋膜®️調律師 玉腰 裕美です。
愛され自分軸で生きるエッセンスをお伝えします。

昨日は、『体質改善とは、細胞の質を変えること』

内臓機能を高め、体質改善をすることで
「痩せる」「美肌」「健康」「精神」『美しいボディライン』を手にすることを目的としています。
とお伝えしました。

では、この「細胞の質」を決めるのは何か?というと
細胞に栄養や酸素、老廃物の排泄を行なう「血液」になります。

この「血液」がドロドロで毒素や脂肪、老廃物を含んで全身を巡っていたとしたら
どうでしょうか?

細胞の質が悪くなるのはあたり前のことですよね。

「血液」をサラサラと流れてる綺麗な状態、血液の質はどこで作られるかと言うと
「腸」です。

小腸で血液は作られ、全身へと循環していきます!!
なので、綺麗な血液を作るためには腸内環境を整えなくてはいけません。

ですから、体質改善をするということは腸内環境を整え、腸力を上げるのが不可欠になります。

内臓機能を高め、体質改善をすることで
「痩せる」「美肌」「健康」「精神」『美しいボディライン』を手にするには、腸を意識する必要があるということになります。

そして、腸から細胞に吸収されることから、ここから私達のカラダの内側になっていきます。

食道も胃もこう考えるとカラダの外側になるんですよ^^

腸は、幸せホルモンも排出します。
健康も美も幸せも腸から始まるのはこう言った理論からきています。

よく、綺麗に痩せたい・体質改善はしたいけど、食事指導はされたくない、できないというか違いますが、
それは、1週間風呂にも入っていないのに着飾っている見せかけの綺麗を装っているのと同じです。

もっと言えば、生ごみを一生懸命化粧箱に詰めてリボンをかけているのと同じです。

いくら外だけを着飾っても内から漏れ出すものが濁って入ればそれは・・・・・。

ですから、『内臓美体質改善ダイエットメソッド』では

✅メンタルを整え内臓の老化や疲労を改善しリバウンドしない痩せ体質を作っていく。
✅セルフコントロールが『できない』を『できる』に変えるが、ダイエットと定義
✅『どんな体型であろうと健康体で自信を持って生きることのできる人』を目指す。

この3つを目的としています。

結果「痩せる」「美肌」「健康」「精神」『美しいボディライン』という結果がついてくるのです。

今年こそは、理想の自分と出会う、リバウンドしない一生ものの自分を手に入れたいと思ったら、6月7日モニター募集中をチェックしてみてくださいね

内臓美体質改善ダイエットメソッドモニター募集中開始6月7日!!

幸せも、健康も腸から始める。たった1分でわかる腸年齢チェックテスト
http://app.speedappmaker.com/naizoubi

****************************

全ての幸せは『自分』の中にこそ存在しているんですよ♬
現実を変えられるのも、幸せになるヒントも『全ては自分の中に』
『一人一宇宙』をいつも意識してくださいね。

************************

『他人軸』で生きている時カラダも不快なサインを出しています。

首が痛来て重くて仕方がない。=心が頑固や強情になってます。一つの目線からしか物事をたら得られない状態です。
肩が痛い=自身の態度がプレッシャーになってる
背中 頚椎(首の肩側の付け根)が痛い=気持ちが満たされていない。心の中に不満が溜まっている。

なんだか、ずっと首が痛いな・・・。肩が・・・。背中が・・・。
そんな時は、肉体的なカラダのケアとともに心にもフォーカスしてみてください。

あら不思議、美禅筋膜®️でカラダを整えながら、心に向き合うととっても早く心地よい状態になれますよ^^
だって、肉体的こりや痛みの原因が『筋膜』なのですから、同時に解いたら、痛み残りませんよね。

愛され自分軸で生きてる?
姿勢から生き方を整える 美禅筋膜 調律師 玉腰裕美セッション
まずは、じっくりカウンセリングにお越しください。
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3361

*****************

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP