BLOG

深呼吸で人生が変わる

good for everyone

家庭も仕事もプライベートもまるっと幸せ!!

リバウンドしない一生ものの自分を手に入れる!!

地域のみなさまのかかりつけサロンでありたい。

心とカラダと魂の調律師 玉腰 裕美です。

先日の雷雨で嫌な思いをしませんでしたか??

28歳で離婚したとき、玉腰は、離婚時に怒鳴られ罵倒された体験から、大きな音や争う声がトラウマになり、雷やTVの争う声で、過呼吸を起こしていた経験があります。

メンタル強化法を身につけ、トラウマをリリースしたことで、今はどちらも、全く平気になりました。まぁ・・争う場面とかは嫌な気持ちにはなりますが。

 

暑かったり、台風の影響で、急激に気温が落ちたり。気温や、夏特有の食生活で、自律神経が乱れ、眠れなかったり。体調を崩してしまったり。食欲が落ちてしまったり。

 

何か1つは思い当たるものがあるのではないでしょうか??

そこで、貴重なこのお休みのタイミングで実践して、体調をリセットさせるのに活用して欲しいのが深呼吸です。

玉腰がトラウマを克服した方法の1つのエッセンスでもあります。

深呼吸が良い!!というのは誰もが聞いたことがあると思います。

良いものだって知ってるのに、ついつい忘れてしまう・・・・。

実践できない・・・・。

 

これは、あなたにとって、必要なものや、効果のあるものとして、腑に落ちていないからです。

知識があやふやだから、腑に落ちないともいえるでしょう。そこで今日は、深呼吸について読み解いてお伝えしてみようと思います。

メンタルのことやパソコンスキルやスピリチュアルなど、発信している印象があるかもしれませんが、カラダのプロですので(笑)

今日も魂のオタズネセッション三昧ですが(笑)

https://resast.jp/page/reserve_form/3361/dummycode

 

では本題です。深呼吸には様々な効果が期待できます。

 

まずは生理的<カラダへの>効果です。

・鼻から吸った息は、鼻の中の神経を刺激しリラックス効果を高める。

・リラックスさせる副交感神経と関係の深いアセチルコリンの分泌を促します。

アセチルコリンとは、簡単にいうと神経伝達部質で、多く分泌されるということは、携帯の通信速度が高いというようなものです。量が少ないと携帯が動きにくいのと同じです。

・横隔膜や肺が運動し、より迷走神経に刺激を与え、脳も刺激することでよりリラックスすることができる。

・酸素が全身に行き渡ることで、肌が綺麗になる

・体内の酸素濃度が上がり脂肪の燃焼が高くなる

ちょっと、生理的な見解は難しいでしょうか??

深呼吸の心理的<心への>効果です。

・深呼吸に意識を向けたり、やポジティブなイメージを思い浮かべると

ネガティブから思考を切り離すことができる。気持ちが明るくなったり、落ち着きますよね。

・集中力が上がる。

こうして、深呼吸には、こころにもカラダにも深く関わりがあります。 ついつい、何かリラックスしようとか、現状を変えようと動くときにハードルを上げてしまいがちですが、まずは、当たり前に、毎日意識して深呼吸をすることを日常に取り入れてみてください。

深呼吸はきっとあなたが思っている以上に、沢山の効果と幸せを運んでくれますよ。

 

全ての幸せは『自分』の中にこそ存在しているんですよ♬
現実を変えられるのも、幸せになるヒントも『全ては自分の中に』
『一人一宇宙』をいつも意識してくださいね。
************************

『他人軸』で生きている時カラダも不快なサインを出しています。

首が痛来て重くて仕方がない。=心が頑固や強情になってます。一つの目線からしか物事をたら得られない状態です。
肩が痛い=自身の態度がプレッシャーになってる
背中 頚椎(首の肩側の付け根)が痛い=気持ちが満たされていない。心の中に不満が溜まっている。

なんだか、ずっと首が痛いな・・・。肩が・・・。背中が・・・。
そんな時は、肉体的なカラダのケアとともに心にもフォーカスしてみてください。

あら不思議、美禅筋膜®️でカラダを整えながら、心に向き合うととっても早く心地よい状態になれますよ^^
だって、肉体的こりや痛みの原因が『筋膜』なのですから、同時に解いたら、痛み残りませんよね。

愛され自分軸で生きてる?
姿勢から生き方を整える 美禅筋膜 調律師 玉腰裕美セッション
まずは、じっくりカウンセリングにお越しください。
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3361

*****************

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP